虫歯治療Caries treatment

虫歯治療

医療法人中津浜デンタルクリニック

医療法人中津浜デンタルクリニック

虫歯が進行した場合 Progress

虫歯を放っておくとあらゆる病気のリスクを引き起こすことになります。
痛みを感じたときには、虫歯はすでに神経に達している状態です。初期の段階では痛みや違和感がなく、気づかないうちに進行していることがとても多いのです。

そして「虫歯には気づいているけど違和感がないから大丈夫」と思っている方は注意が必要です。
虫歯を放置してしまうと傷口から血中へ細菌が入り、血流に乗って全身へ細菌が運ばれてしまい、脳梗塞や心筋梗塞などの病気になってしまうリスクもあります。放置してしまうことで歯の神経が腐り、口臭の原因になってしまうこともあるので、気づいたらお早めにご相談ください。

虫歯の進行を放ってしまうと

当院の治療 Treatment

「痛くない」「削らない」「抜かない」
当院は”自然な歯を守る”治療を行っております。
  • 可能な限り痛みのない治療
    虫歯治療というと、麻酔の注射や虫歯を削るのに痛みが伴うものとお考えの方が多いと思います。当院では、可能な限り痛みを最小限にするために麻酔注射の際にはまず歯ぐきに塗布する表面麻酔を施し、表面麻酔が効いてきたところで麻酔注射を行いますので注射針がささるチクっとした感覚も感じにくくなっています。

    さらに、注射の針が極細の最も細いランクのものを使用しておりますので痛みの苦手な方、虫歯治療に対して恐怖心のある方でも安心して治療が受けられます。

    1可能な限り痛みのない治療

  • 可能な限り削らず自然な歯を守る
    歯は一度削ってしまうと二度と元には戻りません。
    詰め物や被せもので一見きれいになったとしても、それは元々の天然の歯に戻ったわけではありません。 当院では、MI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)治療と呼ばれる、歯の削る量を可能な限り少なくし、今ある歯を大切にするという考えのもと治療を行っております。
    そのために、歯を削る際に拡大鏡と呼ばれる歯科用ルーペを用いて精密な治療を行っております。拡大鏡により患部を拡大して見ることができ、虫歯の部分のみを慎重に削りとっていきます。

    2可能な限り削らず自然な歯を守る

  • 虫歯にならないお口の環境づくり
    「早期発見・早期治療」が大事であるといわれております。定期健診により見つかった虫歯が大きくなる前に治療をするのは当然のことですが、当院では早期発見・早期治療より前の段階の「虫歯にならないお口の環境づくり」を大切に考えております。そもそも虫歯にならなければ歯を削る必要がありません。歯科衛生士による患者様それぞれのリスクに応じた指導をはじめ、スタッフ一丸となって患者様の虫歯予防に努めます。

    3虫歯にならないお口の環境づくり